台風の時の対応についてわたしの方法

“台風は夏場によく発生する気象のひとつです。
通常、海外で多発している竜巻とは違って驚異的なエネルギーをもっているということはありませんが、発生場所によっては立っているのもやっとなほどの強力な風と雨による被害が出る場合があります。
国内でも竜巻が発生するときもあり竜巻ともなると頑丈でない家屋や、窓など簡単に吹き飛ばされてしまいます。
非常に強力な風ですべてを巻き込みながら進んでいくため、特に竜巻の発生時には頑丈な建物に避難することが優先されます。

台風、竜巻時に注意が必要なのはダムの決壊です。ダムが決壊してしまうと周辺の町にも洪水の被害が及んでしまいます。
台風による増水によってダムが決壊してしまうと外に出るのは非常に危険です。建物のなかでしばらく避難しているほうがよいでしょう。
東京都内などは頑丈な建物も多いためそれほど避難に困ることはないかとも思いますが、台風発生後にも注意が必要です。台風発生後には地盤もゆるんでいて土木災害が発生しやすくなります。
地盤が緩んで地盤が崩れたりなどの災害が発生する恐れがあるため事故を防ぐためにも台風がすぎ去ったからと言ってすぐに外に出たり川の近くには近寄らないことが大事です。”