1月になると住宅ローンについて考えてしまいます

そろそろ住宅ローンの繰り上げ返済をしようかなぁと考え中です。

いつも1月になると少しですが、繰り上げ返済をしています。

うちは地元の銀行でローンを組みましたが、ローンを組んだ時に指定のクレジットカードを作成することを条件にネットバンキングに申し込めば繰り上げ返済が手数料無料でできるのです。

普通は手数料がかなり高いことと銀行に出向いて手続きをするためけっこうめんどくさいからやらない人が多いのですが、うちのように手軽にできるとこまめにできますよね。

ちなみに10万円からできます。

土地と家が別のローンになっているので、どっちを先に払ったほうがいいのかといまだに答えはでませんが、やはり高額なほうのが金利もたくさん付くので家の方を優先的に返していますが、土地のほうがほとんど減らないので3回に1回は土地の方も返しています。

繰り上げ返済をすると期間を短くするのと、月の支払い額を減らす方法とありますが、うちは期間が短くなるほうを選んでいます。

月の払いを減らしても余るとたぶん何かで使ってしまうからなんか繰り上げした気がしないんですよね。

その点、期間が短くなると「やったぞ!」っていうのが形で表れるのでうれしいです。

でも、ローン名義人が亡くなるとローンはちゃらになるわけで、繰り上げなんかしないという人もいますよね。

実際どうなんでしょう。

必ずしも早く死ぬわけではないのだから、夫婦で長生きしたら定年したけどローン残ってる状態に陥る可能性もあるし、何が正解なのか・・・

残金がゼロに近くなるほどはがんばらないけど、まったくしないってのはナシってあたりが無難でしょうか。

とにかく、10年固定が終了したら、今の返済額より確実にあがるのは間違いないので、それまでに多少元金を減らしておかなければなりません。

それだけは言えます。

変動のままにしても今より1万円は上がるはずなので、10年固定なんてとんでもない話です。