大雪の日

先日の大雪で庭にものすごく大量の雪が積もりました。

秋に植えたチューリップの球根の上にもこんもり積もって、しかもそれを囲っていた柵まで倒れて後処理が大変……。

融雪剤を買おうにも電車は止まってしまうし、けど積もったら雪かきはしなくちゃならない。

やっぱり4年前に融雪剤を買っておくべきだったよなぁと思っても後の祭り。仕方ないので、それこそ4年物のシャベルでせっせと家の前を綺麗にしました。

色々難のある雪ですが、個人的には雪は好きです。

歩く時に、ギュッギュッと足元から音が鳴って、踏みしめられて固くなる様がなんだか素敵だなぁと思います。

なにかこう、歩いている、進んでいる、という意識が高まるというか。歩いた跡がつくのもなんだか良いのです。

だけどこの間は雪が止んでいない時に外に出てしまったので大失敗。

当時寒さ対策にもこもこした毛足の長いフリースを着ていたのですが、それが降ってくる雪にやられてすっかり濡れ鼠の有様に。

うっかりしていました。結局その日は二枚のフリースを汚して洗濯する羽目に。

こう書くと、やっぱり雪は悪者に思えてしまいますね。

それでも降ってくる雪は綺麗で、特別な気分になれるから、なんだか憎めないのですよね。

バレンタインの思い出

お買い物に行くと、ちらほらとバレンタイン関係のブースを見るようになってきましたね(о´∀`о)

思い出されるのは、去年のバレンタインのことです

当時、次男は生まれたばかり、三歳の長男は赤ちゃん返りがひどく、夫は泊まりの仕事が立て続けで家にいない、という状況でした。

疲れていながらも、二人目だから大丈夫と言い聞かせて日々を過ごしていた頃のことです

長男とチョコレートケーキを作ることになりました

次男が寝ている少しの間に作れるように、混ぜて炊飯器のボタンひとつで焼き上がる簡単なケーキにしました

長男も機嫌よく、材料を混ぜたり電子レンジのスイッチを押したり、久しぶりに楽しく過ごせていました

さて、ボウルの中で材料を全部混ぜて、あとは炊飯器で焼くだけ!となったとき…

わたしは炊飯器の中からお釜を取り出して、すぐ入れられるようにボウルの隣に置いておきました

『あとは炊飯器に入れて焼けば完成だよ!』

の言葉に、長男は嬉しそうにお釜の入っていない炊飯器にねっとりとケーキの元を流し込んでいったのです…

そう、わたしの言い方が悪かった

材料だって簡単なものだから、もう一度作り直すことだってできる

でも…

なんだか突然悲しくなってしまい、ぽろぽろと涙が出てきてしまいました

それを見た長男がショックを受け号泣!

その声に驚いた次男が目を覚まして号泣!

そして何故かその瞬間に夫が帰宅し、地獄絵図を目の当たりにしてオロオロ…

「疲れてるなら実家に帰ってもいいんだよ?」とのお言葉をいただきました

そして、仕事で疲れているだろうに、炊飯器をキレイに拭いてケーキを焼いてくれました!

いやほんと、夫が神様に見えました

勿論、バレンタインは別にチョコレートをプレゼントしましたよ!

疲れていると悲観的になりやすい…

その時に学んだことでした(;・∀・)

疲れている時は、素直に疲れてると認めて休みましょう!

リサイクル

長年住んだ土地を離れて、遠くに引っ越しする事になりました。
そこで、持ち物を処分する事を決意し、まずはリサイクルショップに持って行ってみました。でも、物凄く安い金額でしか買取してくれません。
しかも、数日後、同じリサイクルショップに行ってみたら、明らかに私が売った物が10倍位の値段で売られているのを発見。
と言う事で、個人売買をすることにしました。

やってみると、これが結構、面白かったです。
最初は勝手が分からなくて、すごく安い金額を付けていると、すごく沢山の方から連絡があって、嬉しい気持ちと同時に、もう少し、高い金額でも売れたなと言う残念な気持ちになりました。
持ち物の中には、こんな物、買う人居ないかも?と思う物もありましたが、意外にすぐに売れたり、逆にすぐに売れると思っていた物がぜんぜん売れなかったりして、分からないものだなと思いました。

また、金額を交渉してくる人はたくさん居ましたが、中には売値より多めに支払ってくれた人も居たり、気持ちですと言って、飲み物や果物をくれたりする人も居て、ちょっとした感動でした。
なので、私もちょっと金額が高めの物や、なかなか売れなかった物を買ってくれた人などには、ちょっとした物(飲み物やお菓子)をあげたりしました。
個人売買で売れなかった物は、リサイクルショップに持って行きましたが、その時は安い金額でも引き取ってくれたのを有難く思いました。

1月になると住宅ローンについて考えてしまいます

そろそろ住宅ローンの繰り上げ返済をしようかなぁと考え中です。

いつも1月になると少しですが、繰り上げ返済をしています。

うちは地元の銀行でローンを組みましたが、ローンを組んだ時に指定のクレジットカードを作成することを条件にネットバンキングに申し込めば繰り上げ返済が手数料無料でできるのです。

普通は手数料がかなり高いことと銀行に出向いて手続きをするためけっこうめんどくさいからやらない人が多いのですが、うちのように手軽にできるとこまめにできますよね。

ちなみに10万円からできます。

土地と家が別のローンになっているので、どっちを先に払ったほうがいいのかといまだに答えはでませんが、やはり高額なほうのが金利もたくさん付くので家の方を優先的に返していますが、土地のほうがほとんど減らないので3回に1回は土地の方も返しています。

繰り上げ返済をすると期間を短くするのと、月の支払い額を減らす方法とありますが、うちは期間が短くなるほうを選んでいます。

月の払いを減らしても余るとたぶん何かで使ってしまうからなんか繰り上げした気がしないんですよね。

その点、期間が短くなると「やったぞ!」っていうのが形で表れるのでうれしいです。

でも、ローン名義人が亡くなるとローンはちゃらになるわけで、繰り上げなんかしないという人もいますよね。

実際どうなんでしょう。

必ずしも早く死ぬわけではないのだから、夫婦で長生きしたら定年したけどローン残ってる状態に陥る可能性もあるし、何が正解なのか・・・

残金がゼロに近くなるほどはがんばらないけど、まったくしないってのはナシってあたりが無難でしょうか。

とにかく、10年固定が終了したら、今の返済額より確実にあがるのは間違いないので、それまでに多少元金を減らしておかなければなりません。

それだけは言えます。

変動のままにしても今より1万円は上がるはずなので、10年固定なんてとんでもない話です。

久しぶりにパスタを作った時のお話

クリームパスタをものすごく久々に作った時のお話です。

私の弟は私が料理をしている時、よく雑談をしにキッチンへやってきてはあれやこれやといろいろな話をしてくれます。

それ自体は楽しくて大変よろしいのですが、話していると何かを忘れることも多々。久々に作るパスタと言う事で、私は最大限に気をつけて作っていました。

うんうんと話を聞きながらベーコンを切り、麺を茹で、ソースを作って、麺をソースに絡めてあらびき塩コショウを振って…。

よし、忘れ物もないよね!完成だ!と思い、洗い物を水に浸けておこうと蛇口をひねった時、雑談の合間に弟は

「そういえば姉さん、ベーコン入れないの?」

……麺とソースの本体の方に気を取られ過ぎて、最初に切ってお皿によけておいたベーコンを炒めて混ぜておくのを忘れてしまったのです。

あー!!私のおバカさん!!と思いつつ、ありがとう忘れてたよーと言い、フライパンに油を敷いて炒め、火を止めてから麺をフライパンに戻して絡めました。

なんとか美味しくいただくことが出来たのですが、話していると何かしら忘れてしまう私のおバカさん加減には自分で呆れかえってしまいます…。

弟本人は、話している事が原因で忘れているとはみじんも思っていないようで、忘れっぽいなーとカラカラ笑うのでした。

次はもっと気をつけようと決意。どうなりますかね…笑