連載したばかりで読み作るのもまだ間にあう!ブラックナイトパレード

11月17日発売ヤングジャンプ連載中のブラックナイトパレードは今回で第3話、前回黒いサンタに連れ去られて来た場所はなんと北極、そしてそこで黒いサンタとして内定をもらった主人公の三春は、うっかりその場の勢いでSNSに海外で内定をもらえてはたらくことになったとつぶやいて、そしてその後に倒れてしまいました。
今回はその三春が目覚めたところから始まります。起きた内部はすっかり自分の部屋、夢落ちと思いバイトに行こうと準備する三春でしたが、その部屋にテキパキ入ってきたのは黒いサンタとして一緒に動くことになる素晴らしい先輩、そしてカーテンを開ければそこは北極、夢ではなく住み始めた寮の部屋に自分の荷物を置かれていて、それを元の自分の部屋と勘違いしているのでした。
アパートの解約まで済ませてもらっている状況で黒いサンタとして動くことの契約書を渡されます。そんなことより丸二日眠りこけていた三春、明るい先輩にご飯食べに行こうと言われて向かった食堂には、彼らと同じように黒いサンタの格好をしている人がたくさんいました。自分を連れてきた黒いサンタ、クネヒトと言われる人物が盛大に料理を振る舞っていたのですが、その中身はモツ、数日前のことを思い出して食欲の無くなった三春はどっかへ消えてしまいました。
その中で携帯に着信があって出てみたら自分の母親、つい母親にかけて見栄を張り、内定が決まってちゃんと仕送りもするしあの写真の眩しい先輩は彼女だと言ってしまう。後に引けなくなった三春に追い打ちをかけるように、クネヒトの策略によって契約書にサインを通してしまった三春。
契約書を書いた後にクネヒトは、赤いサンタは死んで今は自分がこういう家の家長だと言い放ったところで第3話が終了します。
なんだかまだ黒いサンタの仕事も始まっていない段階なのに、ちょっと色々埋め込み過ぎな感じの印象も受けます。そろそろ任務が始まる頃だと思うので、こういう漫画の面白さがどんどん伝わって現れるのは次回以降、割とすぐにくるのではないでしょうか。

とにかく凄まじかった『ひょうきん族』

休みの前の夜に、『オレたちひょうきん族』のDVDを久々に引っ張り出して観ました。もう笑い転げてすごかったです。
メンバーが凄いというのは言うまでもないことですが、今のバラエティー番組にはないくらい密度が濃いです。出演者のプライベートをとにかくネタにするというのは今だったらできないな、というのを感じます。

「あなたは神を信じますか?」っていうさんまさんのネタがあったんですが、たけしさんに向かって「あなたはカミさんが嫌いですか?」っていきなり突っ込むのは序の口でした。
『タケちゃんマン』のコーナーの中でよくあったのは、タケちゃんマンとナンデスカマンの戦いの前に、なぜか毎回布団が敷いてあって、その中にさんまさんが入って、「身体が覚えてるの」だの、「この鍵返すわ」だの、たけしさんの愛人に扮して「もう帰ってよ!」というのが定番だったんですが、さんまさんの芝居にどんどん熱が入っていくのがわかりました。

さんまさんにも同様のネタがあって、島田紳助さんが、さんまさんが昔付き合っていた女性に扮して、回転しながら無理やりさんまさんの部屋に入り込もうとして「さんまちゃん、寒い……」ってのがあったんですが、それがどんどんエスカレートして「バース女」「シャケ女」なんて野になっていくのが面白かったですね。

「食」に貪欲な1歳10か月の息子くんの話

最近いろんな言葉を覚えてお話ししはじめたうちの息子。

「まんま」「ぶーぶ」「まま」「ぱぱ」「じいじ」など、ちゃんと意味を理解して話している様子。

息子は本当に食欲旺盛で、まだ小さいのに毎日大人と同じくらいの量のごはんを食べます。お菓子も大好きで、量を決めて与えても「もっともっと」と泣いてほしがるので「食」に関することになるといつも大変です。好きなお菓子は与え続けたら永遠に食べ続けそうな勢いでパクパク食べてしまうので、他のことに気をそらして食べることをあきらめさせるのが毎回大変です。

この前はお菓子から気をそらせるために大好きなぶーぶの本(車の図鑑)を開いて一緒にぶーぶを見ていたのですが、乗用車を指さして「ぶーぶ!」、救急車を指さして「ピーポ!」とちゃんと車の種類を区別して理解している様子。私が「すごいねぇ~!ぶーぶの種類わかるんだねぇ~!」と言って、しばらくその指さし遊びに付き合っていると息子が、荷台に家畜の豚を乗せた「養豚車」を指さして大きな声で「まんま!」と言いました(笑)

「いや、まんまだけれども!(笑)」と思わず息子に冷静なツッコミを入れてしまいました。息子はこの豚さんたちにこれからどんな運命が待ち構えているのか、本能的に察したのでしょうか・・・。教えたことないのに・・・。「食」に貪欲な息子、恐るべし!!

そのあと一日中私の頭の中で悲しげな「ドナドナドーナードーナ~♪」というBGMが流れていました。(※『ドナドナ』は子牛が乗せられていく歌です。)

あと1年半後ですが、今から楽しみ

2019年から始まる大河ドラマ「いだてん」の追加キャスト発表が行われました。この話は日本が初めて夏季オリンピックに参加した1912年のストックホルム大会から1964年の東京大会までの52年間の歴史を描いたドラマだそうです。

前半と後半に分けて話が進むようですが、前半の中村勘三郎さんの妻役を綾瀬はるかさんが演じることが分かりました。他にも大竹しのぶさんや生田斗真さん、永山絢斗さん、勝地涼さんなどクドカン作品に出演経験がある方が多くとても個性的です。主要キャストの綾瀬はるかさんと役所広司さんはクドカン作品初出演といいますが、コミカルな演技ができる方たちなのできっと期待通りの姿を見せてくれるはずです。

後半はこれまたクドカン作品常連の阿部サダヲさんが主演を務めます。このキャストを聞くだけで、また宮藤官九郎さんが脚本というだけですごくワクワクしている自分がいます。

2019年1月から約1年間かけて放送される大河ドラマはきっと2020年の東京オリンピックに向けて日本中が一体となれるのでは?と少し大それたことを考えていますが、私の中ではそれぐらい期待が大きいのです。きっと、期待を裏切らないものをいや、それ以上のものを届けてくれるはずです。

可愛い可愛い多肉植物や苔リウム

ここ1年くらいハマってる多肉植物。最近流行ってるみたいで、雑貨屋さんとかにもよく置いてますよねー!
テラリウムや苔リウム。あ、そしてサボテンも!

なにか可愛い入れ物を見つけては少しずつ増やした多肉植物やサボテンを自分なりに寄せ植えをして、写真を撮るのがほんとうに楽しくて。
今の時期は増やすのは難しいけどある程度放置しても元気に育ってくれるしほんと可愛いんですよ(笑)

あ!そうだ、多肉植物でほんとうにオススメしたいのが!
それは「熊童子」という名前で、熊っていう字の通り熊の手の形をしてて、ほんっとに可愛いんですよ。
あとね、あとね、テラリウムもそうなんですけど苔リウムがほんと可愛くて。
瓶などの容器はなんでもいいし、苔はスコップ片手に外で採取される方が多いらしく、わりとお手軽に楽しめます!
珍しい苔はショップで購入するらしいけど、道に生えてる苔でできるんだからお財布には優しいですよね笑

寄せ植えなんて面倒だわ!とか、土はちょっと、、、なんて人にはエアープランツもオススメですよね。
たまーに霧吹きで水をあげればあとは空気中の水分で大丈夫なんです。
それでいて綺麗な黄緑色をしていて部屋に少しあるだけで雰囲気がすごくオシャレに!
こちらも瓶に入れたりしてもすごく可愛いです♪

こんなこと書いてると早く次の寄せ植えしたいなーって思えてきたし雑貨屋さんやお花やさん巡りがしたくなってきますね(笑)