専業主婦時代のキャッシングの経験

若くしてでき婚をした私たち夫婦でした。当然?お金が乏しかった・・・

でも、でき婚という事実…私はお腹が大きくパートに行く事も出来なかった・・・

そこで、出産費用やその後にかかるお金の懸念があった事で、キャッシングの利用を視野に入れて、出産迄の時間勉強しました。

そして、利用した先はレイクと「みずほ銀行」の併用利用でした。

レイクは、選べる無利息期間のサービスがある事から利用を決意。夫も、まだ若かったので定職についていても給与がとてもとても安かったのです。

そこで、まずはレイクで出産費用の足しになる様にと5万円だけ借入したのです。

その間、夫は定職から帰宅後深夜の単発のアルバイトにでました・・・全てレイクの借金を返す為でした。

5万円を返す事に必死な程お金がなかったのです。

でも、でき婚実家に甘えたくはなかった私たちお互いに必死でした。

そして、銀行系が低金利と知りました。また、しばらく働く事が出来ない私の立場は専業主婦という事になります。

そこで、専業主婦に優しい金融機関は「みずほ銀行」だと知りました。

配偶者に一体の収入があれば利用可能。また、銀行系になりますから、総量規制に問題にも関係しない。

夫もここでひとまず借入をしようという事になり、数か月お世話になり家計を凌いだ時期がありました。

みずほ銀行は、やはりメガバンクですから、安心感が違いましたね。

是非利用してみて下さいね。

キャッシングの審査のポイントとなるところ
http://www.gresentete.org/archives/62.html

早起きは本当に三文の徳なのだと実感しています

 私は、出産して以降、夜型から朝型に変わっていきました。最初は、子供を寝かしつけてその後起きてきて自分の時間を過ごしていたのですが、子供はすぐに起きて泣くし、私も一緒に寝てしまって気づけば真夜中になっていることも少なくありませんでした。なかなか思うように自分の時間が作れずストレスにもなっていましたが、ふと、子供と一緒に21時には寝るようにして、その分朝早く起きてみようかなと思い実践するようにしてみたのです。それからは毎日朝4時30分に起きるようにしました。主人も平日は6時に起きるのですが、それまでは自分の時間がなんとなく取れるようになりました。とは言え、朝食の支度やら、子供のお弁当の準備やらがあるので実質30分くらいでしょうか。それでも、30分でも自由時間が出来てゆっくりコーヒーも飲めてとても幸せな気持ちになります。

 そして、やはり自由時間をもう少し増やしたいとの思いから、最近ではさらに早い時間(3時過ぎ)に起きることにしました。こんなに早くと思うかもしれませんが、21時に寝ているので睡眠時間はしっかり6時間はとれています。始めはさすがにつらいと感じましたが、今は録画していたドラマを見る時間に充てていてさらにさらに充実した時間を送れています。ふと外に出た時に、埼玉でも星が見えるんだという事に気づき、何だかうれしい気持ちになりました。