ビットコイン、はじめました

最近人気のビットコイン、あまり興味なかったのですがあまりにもニュースなどで儲かるみたいに報道されているので、先日私もこっそり初めてみました。

と言っても仮想通貨なんてよくわからないし、確実に儲かるわけでもないみたいなのでとりあえず三千円だけでスタートです。

これなら最悪全部無くなっても諦めのつく金額です。

何万円も預けることは今のところ考えていません。

しばらくは順調に数円ずつ資産は増えていました。

ちょこちょこ売り買いすると手数料で結局損しそうですが練習として試しにちょっと売ったり買ったりしていました。

すると先日すごい勢いで取引価格が上がっていく日があり、「これは投資額三千円でも将来大金持ちになれるんじゃないか!」と簡単に考えてしまいました。

嬉しくて主人に自慢したら冷たい目で見られましたけどね。

自慢したのはいいけどその後一気に価格は暴落。

じりじりと下がっていき、現在はほとんど儲けは無くなってしまいました。

やっぱりよくわからないのに欲を出してもダメですね。

長い目で見て、少しずつ仮想通貨の勉強もしていこうと思います。

始めたのが遅いので将来はどうなるか

わからないけど、少しでも増えるといいなと思います。

売上金、1万円を目指して実践し、感じた事。

メルカリを利用しています。
変な出金の仕方をしてしまったので、後一か月で5000円ほど販売しなくてはいけませんでした。普段はそんなに積極的に出品していないのですが、これを機に家の中の不要な物を探しまくりました。
そして、沢山出品し、ようやく今回のお客さんとの取引が終了すれば売上金が1万円に達しそうです。

1万円でないと出金に手数料として200円ほど取られるので、絶対に1万円にしようと思っていました。あまり活発に販売しない利用者にとっては一年間で1万円の販売は結構キツイなと思っています。
まだ家に不要な物が沢山あったころはそれこそ、毎月1万円以上になっていました。その半分が送料ですが、それでも売上金の申請締め切りに焦る事は全くありませんでした。
継続的に利用させるメルカリの方法だなと思いました。

その後よくよく考えたのですが、焦って売らなくても、何か欲しい物を購入すると言う方法もあったかなと思っています。
焦って売らなければいけないと言う事しか考えていませんでしたが、そんな大変な事でもなかったかなと思います。
しかし、今回、色んな物を販売し、改めて自宅の中には要るようで要らない物ばかりだなと思いました。
これを機に再度断捨離を始めたいと思います。

お客様へのおもてなしの為に奮発してみました

あるネットショップでカニを購入しました。

お客様が来られることになり、その方がカニが好物だとのことでおもてなしの為です。

カニを購入した先は随分前にネットで知ったショップで、ネーミングがユニークで覚えていました。

かに鍋を考えていたので、こちらのお店の名前を思い出してぜひと思いました。

こちらのショップのカニは新鮮で、他の商品も豊富で魅力的で満足しました。

高価なお品ですが、品質からはお値段には変えられないと思いました。

商品に自信があるお店で、問い合わせにも柔軟に対応されていて信頼を持ちました。

何よりユニークなネーミングで、お買い物をしていて楽しい気持ちになりました。

またぜひ購入させて頂きたいと思ったお店です。

しかしこちらの都合になりますが、悩ましい点はやはりお値段が張ることでしょうか。

商品はお味や品質などを始めお店のご対応など大変満足し、お値段は相応又はそれ以上との感想ですが、消費者からするとお安くあればあるほどありがたいです。

高価で高品質なお品がこれほどお安く頂けるなど、意外性のあるお値段の設定を頂けましたらと思いました。

いつもカニを購入出来るほど豊かな暮らしであればと思います。

今回は特別に奮発してみました。

連載したばかりで読み作るのもまだ間にあう!ブラックナイトパレード

11月17日発売ヤングジャンプ連載中のブラックナイトパレードは今回で第3話、前回黒いサンタに連れ去られて来た場所はなんと北極、そしてそこで黒いサンタとして内定をもらった主人公の三春は、うっかりその場の勢いでSNSに海外で内定をもらえてはたらくことになったとつぶやいて、そしてその後に倒れてしまいました。
今回はその三春が目覚めたところから始まります。起きた内部はすっかり自分の部屋、夢落ちと思いバイトに行こうと準備する三春でしたが、その部屋にテキパキ入ってきたのは黒いサンタとして一緒に動くことになる素晴らしい先輩、そしてカーテンを開ければそこは北極、夢ではなく住み始めた寮の部屋に自分の荷物を置かれていて、それを元の自分の部屋と勘違いしているのでした。
アパートの解約まで済ませてもらっている状況で黒いサンタとして動くことの契約書を渡されます。そんなことより丸二日眠りこけていた三春、明るい先輩にご飯食べに行こうと言われて向かった食堂には、彼らと同じように黒いサンタの格好をしている人がたくさんいました。自分を連れてきた黒いサンタ、クネヒトと言われる人物が盛大に料理を振る舞っていたのですが、その中身はモツ、数日前のことを思い出して食欲の無くなった三春はどっかへ消えてしまいました。
その中で携帯に着信があって出てみたら自分の母親、つい母親にかけて見栄を張り、内定が決まってちゃんと仕送りもするしあの写真の眩しい先輩は彼女だと言ってしまう。後に引けなくなった三春に追い打ちをかけるように、クネヒトの策略によって契約書にサインを通してしまった三春。
契約書を書いた後にクネヒトは、赤いサンタは死んで今は自分がこういう家の家長だと言い放ったところで第3話が終了します。
なんだかまだ黒いサンタの仕事も始まっていない段階なのに、ちょっと色々埋め込み過ぎな感じの印象も受けます。そろそろ任務が始まる頃だと思うので、こういう漫画の面白さがどんどん伝わって現れるのは次回以降、割とすぐにくるのではないでしょうか。

とにかく凄まじかった『ひょうきん族』

休みの前の夜に、『オレたちひょうきん族』のDVDを久々に引っ張り出して観ました。もう笑い転げてすごかったです。
メンバーが凄いというのは言うまでもないことですが、今のバラエティー番組にはないくらい密度が濃いです。出演者のプライベートをとにかくネタにするというのは今だったらできないな、というのを感じます。

「あなたは神を信じますか?」っていうさんまさんのネタがあったんですが、たけしさんに向かって「あなたはカミさんが嫌いですか?」っていきなり突っ込むのは序の口でした。
『タケちゃんマン』のコーナーの中でよくあったのは、タケちゃんマンとナンデスカマンの戦いの前に、なぜか毎回布団が敷いてあって、その中にさんまさんが入って、「身体が覚えてるの」だの、「この鍵返すわ」だの、たけしさんの愛人に扮して「もう帰ってよ!」というのが定番だったんですが、さんまさんの芝居にどんどん熱が入っていくのがわかりました。

さんまさんにも同様のネタがあって、島田紳助さんが、さんまさんが昔付き合っていた女性に扮して、回転しながら無理やりさんまさんの部屋に入り込もうとして「さんまちゃん、寒い……」ってのがあったんですが、それがどんどんエスカレートして「バース女」「シャケ女」なんて野になっていくのが面白かったですね。

「食」に貪欲な1歳10か月の息子くんの話

最近いろんな言葉を覚えてお話ししはじめたうちの息子。

「まんま」「ぶーぶ」「まま」「ぱぱ」「じいじ」など、ちゃんと意味を理解して話している様子。

息子は本当に食欲旺盛で、まだ小さいのに毎日大人と同じくらいの量のごはんを食べます。お菓子も大好きで、量を決めて与えても「もっともっと」と泣いてほしがるので「食」に関することになるといつも大変です。好きなお菓子は与え続けたら永遠に食べ続けそうな勢いでパクパク食べてしまうので、他のことに気をそらして食べることをあきらめさせるのが毎回大変です。

この前はお菓子から気をそらせるために大好きなぶーぶの本(車の図鑑)を開いて一緒にぶーぶを見ていたのですが、乗用車を指さして「ぶーぶ!」、救急車を指さして「ピーポ!」とちゃんと車の種類を区別して理解している様子。私が「すごいねぇ~!ぶーぶの種類わかるんだねぇ~!」と言って、しばらくその指さし遊びに付き合っていると息子が、荷台に家畜の豚を乗せた「養豚車」を指さして大きな声で「まんま!」と言いました(笑)

「いや、まんまだけれども!(笑)」と思わず息子に冷静なツッコミを入れてしまいました。息子はこの豚さんたちにこれからどんな運命が待ち構えているのか、本能的に察したのでしょうか・・・。教えたことないのに・・・。「食」に貪欲な息子、恐るべし!!

そのあと一日中私の頭の中で悲しげな「ドナドナドーナードーナ~♪」というBGMが流れていました。(※『ドナドナ』は子牛が乗せられていく歌です。)

あと1年半後ですが、今から楽しみ

2019年から始まる大河ドラマ「いだてん」の追加キャスト発表が行われました。この話は日本が初めて夏季オリンピックに参加した1912年のストックホルム大会から1964年の東京大会までの52年間の歴史を描いたドラマだそうです。

前半と後半に分けて話が進むようですが、前半の中村勘三郎さんの妻役を綾瀬はるかさんが演じることが分かりました。他にも大竹しのぶさんや生田斗真さん、永山絢斗さん、勝地涼さんなどクドカン作品に出演経験がある方が多くとても個性的です。主要キャストの綾瀬はるかさんと役所広司さんはクドカン作品初出演といいますが、コミカルな演技ができる方たちなのできっと期待通りの姿を見せてくれるはずです。

後半はこれまたクドカン作品常連の阿部サダヲさんが主演を務めます。このキャストを聞くだけで、また宮藤官九郎さんが脚本というだけですごくワクワクしている自分がいます。

2019年1月から約1年間かけて放送される大河ドラマはきっと2020年の東京オリンピックに向けて日本中が一体となれるのでは?と少し大それたことを考えていますが、私の中ではそれぐらい期待が大きいのです。きっと、期待を裏切らないものをいや、それ以上のものを届けてくれるはずです。

可愛い可愛い多肉植物や苔リウム

ここ1年くらいハマってる多肉植物。最近流行ってるみたいで、雑貨屋さんとかにもよく置いてますよねー!
テラリウムや苔リウム。あ、そしてサボテンも!

なにか可愛い入れ物を見つけては少しずつ増やした多肉植物やサボテンを自分なりに寄せ植えをして、写真を撮るのがほんとうに楽しくて。
今の時期は増やすのは難しいけどある程度放置しても元気に育ってくれるしほんと可愛いんですよ(笑)

あ!そうだ、多肉植物でほんとうにオススメしたいのが!
それは「熊童子」という名前で、熊っていう字の通り熊の手の形をしてて、ほんっとに可愛いんですよ。
あとね、あとね、テラリウムもそうなんですけど苔リウムがほんと可愛くて。
瓶などの容器はなんでもいいし、苔はスコップ片手に外で採取される方が多いらしく、わりとお手軽に楽しめます!
珍しい苔はショップで購入するらしいけど、道に生えてる苔でできるんだからお財布には優しいですよね笑

寄せ植えなんて面倒だわ!とか、土はちょっと、、、なんて人にはエアープランツもオススメですよね。
たまーに霧吹きで水をあげればあとは空気中の水分で大丈夫なんです。
それでいて綺麗な黄緑色をしていて部屋に少しあるだけで雰囲気がすごくオシャレに!
こちらも瓶に入れたりしてもすごく可愛いです♪

こんなこと書いてると早く次の寄せ植えしたいなーって思えてきたし雑貨屋さんやお花やさん巡りがしたくなってきますね(笑)

シンガポールごはん

シンガポールは多民族国家です。
アジアの貿易拠点になっているだけあって、世界中から様々な人種が集まり暮らしているのです。その為、様々な国の食事をとる事ができます。
「え…でも東南アジアって事はパクチー入ってるんじゃ…」そう思ったアナタ、私も行く前は同じことを思いました…。
パクチー好きな方、すみません。私、あの草苦手なのです。

タイに行った時、食べるものに殆ど入っていて取り除きたくても細かい上に量が多くてげんなりしつつ息を止めながら食べた思い出が…。
(きっと、日本で言う所の『こねぎ』や『大葉』みたいなものでちょっと味にメリハリを利かせる為に入れてるんだろうな)
なんでか、シンガポールの食事にはパクチーは殆ど入っていないのです!!
入っていてもケーキの上に乗っているミント程度なので、意図せず入っていてもぱっと取れる!!素晴らしい!!

ちなみに、食事は他のアジア諸国と同じで外食文化なので屋台が発達しています。そんな屋台が集まっているのがホーカーズ。
日本で言う所のフードコートみたいな感じです。でも入っているのはファストフードだけではないんです。
土鍋ごはんに南海チキンライス、ホッケンミー、サテ、チリクラブ、ムルタバ…。シンガポールの名物が何かしらどこのホーカーズにも必ず入っています。
しかも美味しい!!

外国人が多く泊まっているマリーナエリアにあるホーカーズは、味も外国人寄りにカスタマイズされているのか何を食べてもハズレがありません。
飲み物も流石、南国。フルーツのジュースだっていっぱいあります。
もし、シンガポールを訪れる機会があればホーカーズで食事をとってみて下さい!!

フェイスブックでちょっと気になること

フェイスブックを始めて7年ぐらいになります。

私の場合、実際の知り合いよりも、フェイスブックでのみの知り合いの方が多いです。

そして、「友達」の数は20人足らずです。

長年のブログ友などネット上で知り合った「友達」から、「友達の友達」という形で申請をもらった人たちが殆どです。

私には、それぐらいが丁度良いと思っています。多すぎても一人一人の投稿を読み切れるわけもないですから。

ページの公開設定は友達限定にしています。検索で見つからないようにもしています。

こうしておくと、友達の記事にコメントした時、それを読んだ人が私のページに飛んできても、私の投稿は読めないですね。

さて、ちょっと気になってる(マイナスな気分)になるのは、友達の記事にコメントした時に、すぐに「いいね」をくれる人のことです。

誰よりもはやく「いいね」が来ます。もう四六時中見張ってるんかってほどはやいです。

記事を書いた友達よりはやいんです。一度や二度ならともかく、毎回なんです。

自分のページでもないのに、こんな風に管理するみたいなことをする人がいるのかと思うと、なんだか嫌だなあと、最近はコメントも行きにくくなっています。

ブロックしてしまえば、私のコメントは見えなくなるんでしょうけど、友達の手前、それはできませんね。

知らない人たちとも友達になって、いろんな考え方を聞いたり、いろんな情報を受け取ったりと、自分にとってプラスとなってるフェイスブックですが、この「いいね攻め」にはちょっと苦痛を感じます。

義理いいねならない方がいいです。