リサイクル

長年住んだ土地を離れて、遠くに引っ越しする事になりました。
そこで、持ち物を処分する事を決意し、まずはリサイクルショップに持って行ってみました。でも、物凄く安い金額でしか買取してくれません。
しかも、数日後、同じリサイクルショップに行ってみたら、明らかに私が売った物が10倍位の値段で売られているのを発見。
と言う事で、個人売買をすることにしました。

やってみると、これが結構、面白かったです。
最初は勝手が分からなくて、すごく安い金額を付けていると、すごく沢山の方から連絡があって、嬉しい気持ちと同時に、もう少し、高い金額でも売れたなと言う残念な気持ちになりました。
持ち物の中には、こんな物、買う人居ないかも?と思う物もありましたが、意外にすぐに売れたり、逆にすぐに売れると思っていた物がぜんぜん売れなかったりして、分からないものだなと思いました。

また、金額を交渉してくる人はたくさん居ましたが、中には売値より多めに支払ってくれた人も居たり、気持ちですと言って、飲み物や果物をくれたりする人も居て、ちょっとした感動でした。
なので、私もちょっと金額が高めの物や、なかなか売れなかった物を買ってくれた人などには、ちょっとした物(飲み物やお菓子)をあげたりしました。
個人売買で売れなかった物は、リサイクルショップに持って行きましたが、その時は安い金額でも引き取ってくれたのを有難く思いました。

1月になると住宅ローンについて考えてしまいます

そろそろ住宅ローンの繰り上げ返済をしようかなぁと考え中です。

いつも1月になると少しですが、繰り上げ返済をしています。

うちは地元の銀行でローンを組みましたが、ローンを組んだ時に指定のクレジットカードを作成することを条件にネットバンキングに申し込めば繰り上げ返済が手数料無料でできるのです。

普通は手数料がかなり高いことと銀行に出向いて手続きをするためけっこうめんどくさいからやらない人が多いのですが、うちのように手軽にできるとこまめにできますよね。

ちなみに10万円からできます。

土地と家が別のローンになっているので、どっちを先に払ったほうがいいのかといまだに答えはでませんが、やはり高額なほうのが金利もたくさん付くので家の方を優先的に返していますが、土地のほうがほとんど減らないので3回に1回は土地の方も返しています。

繰り上げ返済をすると期間を短くするのと、月の支払い額を減らす方法とありますが、うちは期間が短くなるほうを選んでいます。

月の払いを減らしても余るとたぶん何かで使ってしまうからなんか繰り上げした気がしないんですよね。

その点、期間が短くなると「やったぞ!」っていうのが形で表れるのでうれしいです。

でも、ローン名義人が亡くなるとローンはちゃらになるわけで、繰り上げなんかしないという人もいますよね。

実際どうなんでしょう。

必ずしも早く死ぬわけではないのだから、夫婦で長生きしたら定年したけどローン残ってる状態に陥る可能性もあるし、何が正解なのか・・・

残金がゼロに近くなるほどはがんばらないけど、まったくしないってのはナシってあたりが無難でしょうか。

とにかく、10年固定が終了したら、今の返済額より確実にあがるのは間違いないので、それまでに多少元金を減らしておかなければなりません。

それだけは言えます。

変動のままにしても今より1万円は上がるはずなので、10年固定なんてとんでもない話です。

久しぶりにパスタを作った時のお話

クリームパスタをものすごく久々に作った時のお話です。

私の弟は私が料理をしている時、よく雑談をしにキッチンへやってきてはあれやこれやといろいろな話をしてくれます。

それ自体は楽しくて大変よろしいのですが、話していると何かを忘れることも多々。久々に作るパスタと言う事で、私は最大限に気をつけて作っていました。

うんうんと話を聞きながらベーコンを切り、麺を茹で、ソースを作って、麺をソースに絡めてあらびき塩コショウを振って…。

よし、忘れ物もないよね!完成だ!と思い、洗い物を水に浸けておこうと蛇口をひねった時、雑談の合間に弟は

「そういえば姉さん、ベーコン入れないの?」

……麺とソースの本体の方に気を取られ過ぎて、最初に切ってお皿によけておいたベーコンを炒めて混ぜておくのを忘れてしまったのです。

あー!!私のおバカさん!!と思いつつ、ありがとう忘れてたよーと言い、フライパンに油を敷いて炒め、火を止めてから麺をフライパンに戻して絡めました。

なんとか美味しくいただくことが出来たのですが、話していると何かしら忘れてしまう私のおバカさん加減には自分で呆れかえってしまいます…。

弟本人は、話している事が原因で忘れているとはみじんも思っていないようで、忘れっぽいなーとカラカラ笑うのでした。

次はもっと気をつけようと決意。どうなりますかね…笑

いよいよスキーシーズン、まずは基礎体力作りから

陸上でできないことは雪上でも出来ません。

あるスキーヤーの方のブログを拝読して、そうかなるほどと思いました。年末に夫とスキーに行く予定なのですが、まずは基礎体力作りをしておこうと近所の公園で軽いストレッチやランニング、スクワットなどをして来ました。

ランニングのときもジグザグに回り、外スキーを意識しながら走りました。ワンちゃんのお散歩している人、お子さん連れのお母さんから見たら、完全に怪しい人ですよね。

ごめんなさい、スキーのオフトレーニングなんですと、心の中で謝りながら三十分ほど汗を流して来ました。

スキーのキックターンが出来るか不安なので、両足、両側の練習もしました。急な斜面では斜滑降、キックターン、斜滑降、キックターンで両側とも降りてくるからです。

ランニングの姿でストックもスキー板もないので、何やってる人か傍目では絶対わからない恥ずかしさがあります。でも、夫の前で滑れない姿は見せたくないので必死です。

その後に、左右に細かくステップを踏みながら走ってパラレルターン小回りの陸上練習です。ストックワークも意識しながら、小回り独特のリズムの感覚を呼び戻して行きます。

我が家は夫はボーゲンで滑るのがやっとの初心者、私は一応三級のバッジ持ちなので夫に負ける訳にはいかないのです。

「私が教えられるからスキー行こうよ」

こう誘ったからには格好悪いところは絶対に夫に見せたくないです。遥か昔に取った三級バッジなので何もそこまで気合いを入れなくても良いと思うのですが、一度目標を決めたら徹底的にやり切るタイプなのです。

話がずれますが、三級はとても簡単に取れます。一級上の二級に今シーズンはチャレンジしたいなと思ってます。

公園で何なのあの謎の動きの走り方はと周りの人に思われても、陸上トレーニングは徹底的にやります。

陸上でできないことは雪上でも出来ないのだから、走り込み、スクワット、キックターンに必要な柔軟体操、陸上でやれることは何でもやっておきます。

公園から家に帰ったら腹筋と背筋をやりました。もう、これだけで普段運動不足の私はバテバテでした。夫に教えながら自分も滑らなきゃいけないので責任感もあります。

そして、運動神経が良い夫にあっさり抜かされそうな恐怖もあります。スケート、バドミントン、ボーリング、今まで夫にスポーツで勝ったことがありません。

せめてスキーくらいは夫より上手なままでいたいので、夫に内緒のスキー用陸上トレーニングに熱が入ります。

年末のスキーまでに基礎体力が戻るように精進します。

ちょうどいい季節になってきました

1年を通して趣味でパンを焼いていますが、季節に合うパンというものがあります。
夏は過発酵の状態になりやすいので、冬よりは発酵に時間がかかりません。
でも様子を見ながら発酵の状態をチェックしていく必要はあります。

寒くなってこないと探るのが困難パンがあります。
その代表的なものがクロワッサンだ。
クロワッサンは大体気温が20度ぐらいになってくると、始めるのにちょうどいい季節になってきたということができます。
気温が高いと折りこむバターが溶けてしまい、作業をする際にもスゴイ上手くいかないについてになってしまいます。

秋から冬にかけて、冬から春にかけての時期がクロワッサン作りには最適です。
クロワッサン生地を仕掛けることができれば、デニッシュも簡単に決めることが出来ます。
実際、クロワッサン生地を始めるのはちょっと面倒な部分もありますが、でも上手くできた時折有難くなります。

最初は失敗をしてしまうこともあるかもしれません。
でもめげずに繰り返し考えることによって、コツを掴むことが出来ると思います。
何でも心がけることが大事です。
やってみて次に作り上げるときのコツも分かってくるので、上達をすることも可能となります。

ビットコイン、はじめました

最近人気のビットコイン、あまり興味なかったのですがあまりにもニュースなどで儲かるみたいに報道されているので、先日私もこっそり初めてみました。

と言っても仮想通貨なんてよくわからないし、確実に儲かるわけでもないみたいなのでとりあえず三千円だけでスタートです。

これなら最悪全部無くなっても諦めのつく金額です。

何万円も預けることは今のところ考えていません。

しばらくは順調に数円ずつ資産は増えていました。

ちょこちょこ売り買いすると手数料で結局損しそうですが練習として試しにちょっと売ったり買ったりしていました。

すると先日すごい勢いで取引価格が上がっていく日があり、「これは投資額三千円でも将来大金持ちになれるんじゃないか!」と簡単に考えてしまいました。

嬉しくて主人に自慢したら冷たい目で見られましたけどね。

自慢したのはいいけどその後一気に価格は暴落。

じりじりと下がっていき、現在はほとんど儲けは無くなってしまいました。

やっぱりよくわからないのに欲を出してもダメですね。

長い目で見て、少しずつ仮想通貨の勉強もしていこうと思います。

始めたのが遅いので将来はどうなるか

わからないけど、少しでも増えるといいなと思います。

日馬富士の暴行問題

にわか相撲ファンなのですが元横綱日馬富士の引退は非常に残念です。モンゴル人力士のプライベートの飲み会で起きたことなのにこのように大袈裟になことになるとは不思議でなりません。

マスコミがここぞとばかりにスキャンダルとして仕立て上げ大騒ぎしてるだけとしか思えません。貴乃花親方が相撲協会に報告をせず警察に被害届を出したのは協会に報告すると内々でうやむやにしてなかったことにされることが嫌だったんだと思います。そして貴乃花親方の考えとして先輩による後輩に対する体罰が許せなかったのではないかと思います。これは元プロ野球選手の桑田真澄氏の考えに影響を受けたのかなと邪推してます。上下関係があったとしても同じ関取同士なのだからそこは対等に扱うべきなのではと考えたんだと思います。

相撲協会と貴乃花親方が接触を拒んでいるのもへたに接触すると双方の発言の食い違いが出てきて水掛け論に持ち込まれてまた騒ぎを大きくするだけだと思います。

千秋楽で優勝した横綱白鵬が日馬富士、貴乃岩双方に土俵に戻ってきて欲しいと声高らかに発言し万歳三唱をしそれに促されるように会場の相撲ファンもいっしょになって万歳三唱をしたこと。これが相撲ファンの総意だと思います。

日馬富士には引退して欲しくなかったです。

売上金、1万円を目指して実践し、感じた事。

メルカリを利用しています。
変な出金の仕方をしてしまったので、後一か月で5000円ほど販売しなくてはいけませんでした。普段はそんなに積極的に出品していないのですが、これを機に家の中の不要な物を探しまくりました。
そして、沢山出品し、ようやく今回のお客さんとの取引が終了すれば売上金が1万円に達しそうです。

1万円でないと出金に手数料として200円ほど取られるので、絶対に1万円にしようと思っていました。あまり活発に販売しない利用者にとっては一年間で1万円の販売は結構キツイなと思っています。
まだ家に不要な物が沢山あったころはそれこそ、毎月1万円以上になっていました。その半分が送料ですが、それでも売上金の申請締め切りに焦る事は全くありませんでした。
継続的に利用させるメルカリの方法だなと思いました。

その後よくよく考えたのですが、焦って売らなくても、何か欲しい物を購入すると言う方法もあったかなと思っています。
焦って売らなければいけないと言う事しか考えていませんでしたが、そんな大変な事でもなかったかなと思います。
しかし、今回、色んな物を販売し、改めて自宅の中には要るようで要らない物ばかりだなと思いました。
これを機に再度断捨離を始めたいと思います。

お客様へのおもてなしの為に奮発してみました

あるネットショップでカニを購入しました。

お客様が来られることになり、その方がカニが好物だとのことでおもてなしの為です。

カニを購入した先は随分前にネットで知ったショップで、ネーミングがユニークで覚えていました。

かに鍋を考えていたので、こちらのお店の名前を思い出してぜひと思いました。

こちらのショップのカニは新鮮で、他の商品も豊富で魅力的で満足しました。

高価なお品ですが、品質からはお値段には変えられないと思いました。

商品に自信があるお店で、問い合わせにも柔軟に対応されていて信頼を持ちました。

何よりユニークなネーミングで、お買い物をしていて楽しい気持ちになりました。

またぜひ購入させて頂きたいと思ったお店です。

しかしこちらの都合になりますが、悩ましい点はやはりお値段が張ることでしょうか。

商品はお味や品質などを始めお店のご対応など大変満足し、お値段は相応又はそれ以上との感想ですが、消費者からするとお安くあればあるほどありがたいです。

高価で高品質なお品がこれほどお安く頂けるなど、意外性のあるお値段の設定を頂けましたらと思いました。

いつもカニを購入出来るほど豊かな暮らしであればと思います。

今回は特別に奮発してみました。

連載したばかりで読み作るのもまだ間にあう!ブラックナイトパレード

11月17日発売ヤングジャンプ連載中のブラックナイトパレードは今回で第3話、前回黒いサンタに連れ去られて来た場所はなんと北極、そしてそこで黒いサンタとして内定をもらった主人公の三春は、うっかりその場の勢いでSNSに海外で内定をもらえてはたらくことになったとつぶやいて、そしてその後に倒れてしまいました。
今回はその三春が目覚めたところから始まります。起きた内部はすっかり自分の部屋、夢落ちと思いバイトに行こうと準備する三春でしたが、その部屋にテキパキ入ってきたのは黒いサンタとして一緒に動くことになる素晴らしい先輩、そしてカーテンを開ければそこは北極、夢ではなく住み始めた寮の部屋に自分の荷物を置かれていて、それを元の自分の部屋と勘違いしているのでした。
アパートの解約まで済ませてもらっている状況で黒いサンタとして動くことの契約書を渡されます。そんなことより丸二日眠りこけていた三春、明るい先輩にご飯食べに行こうと言われて向かった食堂には、彼らと同じように黒いサンタの格好をしている人がたくさんいました。自分を連れてきた黒いサンタ、クネヒトと言われる人物が盛大に料理を振る舞っていたのですが、その中身はモツ、数日前のことを思い出して食欲の無くなった三春はどっかへ消えてしまいました。
その中で携帯に着信があって出てみたら自分の母親、つい母親にかけて見栄を張り、内定が決まってちゃんと仕送りもするしあの写真の眩しい先輩は彼女だと言ってしまう。後に引けなくなった三春に追い打ちをかけるように、クネヒトの策略によって契約書にサインを通してしまった三春。
契約書を書いた後にクネヒトは、赤いサンタは死んで今は自分がこういう家の家長だと言い放ったところで第3話が終了します。
なんだかまだ黒いサンタの仕事も始まっていない段階なのに、ちょっと色々埋め込み過ぎな感じの印象も受けます。そろそろ任務が始まる頃だと思うので、こういう漫画の面白さがどんどん伝わって現れるのは次回以降、割とすぐにくるのではないでしょうか。