大雪の日

先日の大雪で庭にものすごく大量の雪が積もりました。

秋に植えたチューリップの球根の上にもこんもり積もって、しかもそれを囲っていた柵まで倒れて後処理が大変……。

融雪剤を買おうにも電車は止まってしまうし、けど積もったら雪かきはしなくちゃならない。

やっぱり4年前に融雪剤を買っておくべきだったよなぁと思っても後の祭り。仕方ないので、それこそ4年物のシャベルでせっせと家の前を綺麗にしました。

色々難のある雪ですが、個人的には雪は好きです。

歩く時に、ギュッギュッと足元から音が鳴って、踏みしめられて固くなる様がなんだか素敵だなぁと思います。

なにかこう、歩いている、進んでいる、という意識が高まるというか。歩いた跡がつくのもなんだか良いのです。

だけどこの間は雪が止んでいない時に外に出てしまったので大失敗。

当時寒さ対策にもこもこした毛足の長いフリースを着ていたのですが、それが降ってくる雪にやられてすっかり濡れ鼠の有様に。

うっかりしていました。結局その日は二枚のフリースを汚して洗濯する羽目に。

こう書くと、やっぱり雪は悪者に思えてしまいますね。

それでも降ってくる雪は綺麗で、特別な気分になれるから、なんだか憎めないのですよね。